jigokunomon

ネザーゲートで拠点と村を繋ぐ話

こんなマップもういや!

いつぞやのサトウキビ畑によって大量の白紙の地図を作りました。

地図を片手に拠点周辺を探索してみました。

 

 

「山と森とジャングルしかない…」

そこで、今回は新天地を求めてフィールドとネザーを開拓する話&ネザーゲート移動法の紹介です。

ジャングルしつこい…(^ω^#)

実は、私がウロチョロしていた周辺1000ブロック四方の殆どはジャングルw

PCの処理は重いし、四六時中モンスターが湧くし、探索しにくいし、寺院探すのめんどいし…

不満を上げるときりがないです。

おそらく、山とジャングルと森と草原の出る率が高いマップなのでしょう。

そこで、新天地を求めて旅に出ました…

 

砂漠降臨で喜ぶ

西方遙か遠く、2つの山脈と4つのジャングルを越えた先に彼の地は存在した。

砂漠である。

このマップで初めて砂漠に遭遇して半狂乱で探索しました。

そこで、これまたこのマップで初めての村(中規模・寺院のオマケつき)を発見しました。

実は、近場の草原に村が全くなかったんです。

 

多くのゲームで嫌われる砂漠ですがマイクラに限ってはウェルカムですw

 

というのも、個人的に砂漠地形は好きなんです。

その理由は以下の通り

  • 地形に影ができにくいので昼間にリフォーム業者が湧きにくい(残業中のリフォーム業者はいるけど)
  • 村や寺院のオブジェクトがわかりやすい
  • 隣接するサバンナ地形が見つかれば木材や家畜にも困らない

しかも。村の規模もそこそこあったので、今まで作れなかった人参とジャガイモが手に入りました。

 

しかし、一つ問題があります。

遠い

実に拠点から約2500ブロック

 

そこで、ネザーゲートの移動法をためしました。

遠方の2地点の楽な移動法

対処法としてウィキにも紹介されているネザーゲートでショートカットする方法を試しました。

調べてみると、古いバージョンの方法の紹介が多いようで戸惑いました…汗

どうやら、通常フィールドに対してネザーは1/8の比率だそうです。

今のVer1.8では単純に、移動したい場所の1/8の座標にゲートを作ればいいそうですね。

更に既存のゲートからはある程度離す方が良いとのこと。

 

それらを踏まえて、経路を作ります。

1.拠点のネザーゲートの位置を確認

マインクラフトに使われる座標は3次元です。

しかし、今回確認すべき座標は平面座標のみなのでX座標・Z座標に着目します。

先ず、F3でデバックモードにします。

そして、基準になる拠点のネザーゲートの座標を取ります。(画像赤下線部)

zahyou00

 

2.最終的なワープ先の位置を確認

次に行きたい場所の座標を取りに行きます。

今回の私の場合は砂漠の村の座標ですね。

zahyou01

3.拠点のネザーゲートに入って座標確認

戻って拠点のネザーゲートに入ります。

そして、ネザー側の座標を取ります。

zahyou02

4.新しいネザーゲートを置くべき座標を算出

計算式は座標(X,Z)それぞれについて、

(新しい座標)=1/8{(2の座標)-(1の座標)}+(3の座標)

わかりにくいですねw

手順としては

まず、通常フィールド上での2地点間の差を出します。

私の場合、(-2481.608-28.165,-160.7--124.809)=(-2509.773,-35.891)

となります。

ネザーではこの差は1/8になるのでこれをかけます。

すると、

(-314,-5)(大体)

ネザー上でこの距離分動けばいいので、ネザー上の拠点にこの距離を足せばそれが目標地点となりますね。

私の場合、ネザー上の拠点の座標は

(-11.786,-14.514)

なので目標地点は、

(-11.786+(-314),-14.514+(-5))

=(-326,-20)

実際に、ネザーでこの座標近辺に向かいます。

5.確保・建設

↓建設予定地

zahyou03

 

ここに黒曜石でゲートを作ります。

ここまで行く途中に何度もガストに爆殺されましたw

6.開通

後は火打ち石で開通。

出た先は…

zahyou04

 

環境や端数による計算の誤差は出ましたが、OKライン!

2で取った座標は村の中心だったので少しずれましたね。

しかし、ゲートを出ると村が目と鼻の先です。

exit

このようにネザーで移動することで2500ブロックの距離を300ブロックに減らせました。

計算の誤差が8倍で出ます。余りにテキトーだと変なところに出るかもしれませんのでご注意を…

 

 

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA