ryokou

旅行シーズン到来!かさばる持ち物の整理法

そんなに持ってくの?

旅行シーズンが近づいて来ましたね!

駅や空港が込み合う様子が目に浮かびます。

私も、旅行の計画をたてていますが、意外と持ち物の整理や選定って困りませんか?

やたら荷物を持って行って後悔したり…w

そこで、今回は、かさばる持ち物を整理して身軽に旅行する方法をご紹介します。

荷物の少ない旅行者=旅慣れてる

意外かもしれませんが、旅行にそこまで荷物はいりません。

 

究極、最低限の着替えだけでもいいくらいです。

 

経験がある方も多いとは思いますが、移動時間に荷物が邪魔になります。

 

荷物をやたら持っていくぐらいなら、使いやすいクレジットカードや現金を多めに持っていくなどします。

 

代替のモノはかなりハードな場所へ旅行に行かないかぎり、現地調達できます。

 

なのでまず、「荷物は少なめに!」というポイントを押さえて、現地で代替の効かないもの(メガネ・コンタクトレンズ・海外なら医薬品とか(安全性の観点から))を優先します。

 

鞄は2つ用意する

鞄は、2つ用意すると言いかもしれません

 

スーツケースやボストンバックのような大きいものとは別に、トートバックやショルダーバックなどの小~中くらいの大きさのバッグを用意します。

 

邪魔なときに一つにまとめられるので大きい鞄の方に小さいバッグが入るスペースがあると尚良いですね。

 

旅先では、大きい鞄の方は宿泊先に置いておく用にして、観光は小さい方のバックで行きます。

 

すると当然大きい方には着替え等、小さい方にはよく使う小物と整理できますね。

 

このように2つの鞄を使う事によって、荷物の用途に合わせて整理できるうえに、身軽になります

 

又、帰りは、大きい鞄と小さいバッグを別々に持っていくことで大きいほうにスペースができますね。

 

そこにお土産を入れるなどの工夫もできます。

 

旅行先でもバックインバック

ご存知の方も多いと思いますが、小さい方のカバンにはバックインバックがお勧めです

 

旅行ではティッシュやビニール袋、筆記用具や、メモ帳等、細々したものが入ると思われます。

ですが、これらは散らかりやすいですよね。

 

なので、それらを纏めるバッグインバッグを利用して一つにすると良いと思います。

これは、バックのスペースの有効活用にも繋がります。

 

特に海外旅行だと液体物を小分けにする必要が出るので余計にチマチマしますのでオススメです。

 

まとめ

今回は旅行での持ち物整理法をご紹介しました。

ざっくりまとめますと、


 

  • 基本、荷物は最小限にする。
  • 現地で代替の効きにくいモノ優先。
  • 色々持っていくくらいなら現金orクレジットカード
  • 鞄は2つ用意するのがオススメ
  • 持ち歩く小さいバックにはバックインバックがおすすめ

といった感じです。

如何でしたか?この記事が皆さんの旅行の参考になれば幸いです。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA